大排気量 自動車

大排気量の自動車対決

スズキのエスクードとトヨタクロカン対決

大きな排気量と大きなボディを引っ張るクロカン4WDの中で1.6リッターの車がこの車です。

 

トヨタのRAV4が登場するまでライバルはなくこのクラスの人気を独占していた車なのです。

 

オフロード走行の多少が、今回のチェックでは大きなポイントになるでしょう。パートタイム4WD方式ではトランスファー操作で2WDに切り替えるのでありますが、それを適切に行っていれば問題はありません。

 

ついつい忘れてしまいがちなポイントなので注意してみましょう。

 

試乗する度のチェックではこの切り替え操作をして、確実にオンオフによる走りの違いを感じてみることが大切です。

 

主に音や抵抗で感じ取れるはずだと思います。コンパクトカーで最低地上高は低いから、オフロード走行が多かったものは、下回りに衝撃を受けているケースも多いと思われます。

 

その度合いも目で必ず確認してみることが大切です。異音やビビリがないかどうか、シートのへたれ具合にも注意してみましょう。

手放す直前に整備

さらに悪い業者は、手放す直前に整備やオイル交換をしています。これは親切そうに見えますが実はとてもあやしい行為だのです。これから販売しようとしている車に対して、わざわざオイル交換をするという人がいるでしょうか。こういったことにだまされてはいけないのです。

 

購入した車にメーターの巻き戻しの疑いがあっても、きちんとした証拠がなければ、セールスマンにも掛け合いにくいということです

 

不審な場所を見つけたとしたとしても、どうしたらいいのかわからないのです。そんなときには思い切って、過去の名義人つまり前のオーナーに聞いてみるというのも一つの手です。

 

前のオーナーまでグルになっているということはまずありませんから、次のような方法で昔の所有者というのを調べて証拠固めをしていきましょう。まず陸運局へ行って、今の車の過去の名義変更の詳細を調べてみます。これは名義人の住所までわかるのです。

 

そして売買の際に自賠責保険まで名義変更していないかどうかを調べます。

 

人気のクルマ情報
参照:http://www.aglatte.net/
クルマの情報をチェックするなら

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ